休日を利用して学校に通うエンジニアもいる

現在でもまだITの世界では急成長が続いています。
一時のような一足飛びの成長は一段落しているのですが、それでも他業種のスピード感に比べればその進化速度は圧倒的です。

ですから、IT業界で働く人たちも、日々新しい技術に付いていく努力が必要なわけです。

インフラエンジニアも、その例に漏れることはありません。
サーバーは毎年のように巨大化していきますし、ネットワークは高速化していきます。
各所に複雑な部分も出始めて、より繊細な作業が要求されるようになっています。
ですから、休日も無駄に過ごすわけにはいかないのです。
仕事中は、自分の勉強をすることは基本的にはできません。
仕事以外の時間で、いかに他人と差をつけるか、世の中の技術革新に追いついていくかが重要になります。
また、一口にインフラエンジニアといっても今の時代はかなりの部分で分業化が進んでいます。
ネットワーク関連のことに強いエンジニアもいれば、データベース関連のことについて専門性を有するエンジニアも存在するようになりました。
専門的な知識を吸収していくことが望まれているので、中には休日を利用して学校に通う人たちまで出てきています。
ただ、新しいことを勉強して身に付けていくのは楽しいことなので、その部分にやりがいを感じることができる人は長続きするでしょう。
インフラ系は人の出入りが緩やかなので、こうした努力を続けられるのであれば、定年まで働き続けることはさほど難しいことではなくなります。